本文へスキップ

サッカーの楽しさを子どもたちに伝える
BAYERNサッカー&フットサルスクール

コンセプトCONCEPT

 BAYERNサッカー&フットサルスクールとは?

実際の試合で生きるスキルの習得

 BAYERNサッカー&フットサルスクール(以下:スクール)では、サッカーとフットサル(以下:サッカー)の楽しさを伝えます。それでは、サッカーの楽しさとはなんでしょうか?
 サッカーは勝敗のあるスポーツです。
 当然ですが、勝負に負けて楽しいと思える子はなかなかいないと思います。
 サッカーで勝つためには「ゴールを決め、ゴールを守る」ことが必要です。
 つまり、「ゴールを決めるにはどのようなスキルが必要か?」「ゴールを守るためにはどのようなスキルが必要か?」という部分を常に意識させながら選手のレベルに合った指導を行っています。

 選手の年代やレベルに合わせた指導内容

個々の能力をに合わせてアドバイス

 スクールでは、3歳から12歳までの子どもたちを3つのカテゴリーに分けて指導しています。
 カテゴリー分けをする理由として、各年代によって発育発達にさまざまな差が生じるためです。
 例えば、小学校低学年のチームと小学校高学年のチームが試合をしたらどうなるでしょうか?おそらく小学校高学年のチームが勝つ確率が高いでしょう。それは、サッカーのスキルの差もあるでしょうが、根本的な身体能力の差や考え方の違いも大きく関わってくるためです。
 子どもたちには各年代で獲得するべきスキルがあり、そこに身体や心の成長がプラスされてサッカーがうまくなるのです。従って、幅広い年代の子どもたちが一緒にトレーニングをするよりも、発育発達の差が少ない近い年代の子どもたちでトレーニングを行うことが望ましいのです。
 スクールでは各年代の発育発達に合わせたプログラムを用意し、その中で選手のレベルに合わせた指導を行っています。各カテゴリーとプログラム内容は下記の通りです。
U−6
ボールに慣れ親しみ、楽しみながら運動神経の発達を促す。
U−9
個人技(スキル)を高めるための基礎づくり。
U−12
能力に合わせた高度な個人技(スキル)の習得を目指す。

 個人技(スキル)の習得を目指すプログラム

チームではなくスクールというメリット

 スクールでは、子どもたちの個人技(スキル)の習得を目指したプログラムを行っています。
 スクールではチーム登録を行っていませんので、他のクラブチームや部活に所属していても参加が可能です。むしろ、そのような形でスクールに参加している子どもたちがほとんどです。
 スクールのメリットは、サッカーをする上で所属チームの戦術やポジションなどに縛られることが無いということです。
 この年代の子どもたちは獲得するべき個人技(スキル)がたくさんありますが、チームモデルによっては選手に求められる個人技(スキル)に偏りが生じ、一部の個人技(スキル)の習得に時間がかかることがしばしば見受けられます。しかしながら、スクールであればそのような心配はありません。
 スクールでは、サッカー選手としてのベースとなる個人技(スキル)の習得を目指しますので、サッカー選手としての能力の底上げにつながります。
 スクールでは現在も現役でプレーを続けているコーチや、日本サッカー協会公認の指導者ライセンスを取得しているコーチがいますので、より高度で実践で生きる個人技(スキル)を習得することが可能です。

このページの先頭へ

BAYERN
サッカー&フットサルスクール

お問い合わせ
 MTSP Soccer&Futsal Event
 代表:武田 義晴

 TEL 080-1000-7084

スクール施設
 〒329-0607
 栃木県河内郡上三川町
 大字西汗字西赤堀1662-9

 TEL 0285-29-6952